新着情報
温泉協会の新着情報です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牧之原市 応援したくなる女性達
牧之原市商工観光課 
『地域おこし協力隊(イチ号)』  今西花緒利(かおり)さん

IMG_20160215_093129.jpg
市のフェイスブックの写真にコメントをしたのがきっかけで温泉取材が実現。
アッシュピンクのツーブロックボブがインパクト大な個性的な今西さん。
商社で鍛え上げられたキャリアと企画力、情報発信力とも高く、
市の観光振興プロデューサーとして抜擢された。
東京から移住して2年目とのこと。
今後の活躍が楽しみです。応援しています。

子生まれ温泉 館長 紅林広美さん

IMG_20160215_093117.jpg
子生まれ温泉はこの人あってこそだと感じた、
実にパワフルで勉強熱心な紅林さん。
女性ならではの細やかな視点と、ユーモアで切り返すコミュニケーション力。
温泉の事にも詳しく、経理から食材の買い物までなんでもする。
忙しさの中にも優しい笑顔が絶えず、愛ある仕事ぶりが伝わってくる。
紅林さんに会いにまた訪れたくなってしまう。
IMG_20160215_112645.jpg
お二人と一緒にこれからも子生まれ温泉を応援したいと思います。



牧之原市 子生まれ温泉
牧之原市
2005年10月11日(平成17年)、相良町と榛原町の2町が合併して誕生した。
静岡県の中部地方の西部に位置し、
駿河湾の海岸線には「静波海水浴場」と「さがらサンビーチ」2つの海水浴場があり、
サーフィンやボディボードなどマリンスポーツのメッカとなっている。
また、温暖な気候の為、日本を代表するお茶の大生産地で「深蒸し茶」の発祥の地となっている。

牧之原市役所 産業経済部 商工観光課
〒421-0592 静岡県牧之原市相良275 TEL:0548-53-2623

さがら子生まれ温泉

IMG_20160215_090959.jpg
住所 静岡県牧之原市西萩間672-1
電話 0548-54-1126 
 
営業時間 10:00~22:00
定休日 第2火曜日 ほか年末年始と調整日
IMG_20160215_090113.jpg


料金 4時間:大人(中学生以上)500円 
小人(3才~小学生)300円
    1日券:大人1,000円
小人600円
IMG_20160215_084534.jpg

泉質 ナトリウム-塩化物温泉
泉温 35.2度 pH値7.97  
湧出量 40ℓ/分
IMG_20160215_084738.jpg


★山から生まれ落ちる石にちなんで名付けられ
『長寿の湯』・『子授けの湯』・『安産の湯』として親しまれている。

源泉かけ流しの浴槽と、源泉を加温したちょっと熱めの浴槽があるが、
IMG_20160215_085729.jpg
源泉に入るとお客さんの中には「ぬるい」と言われることもあるそう。
少しとろみがあり緑がかった源泉は、同敷地内から湧出している。
IMG_20160215_091643.jpg
名前の由来とおり、「子供が授かりました。」という嬉しい報告が、
10年間で10件ほどあったと言う。
近くには静岡空港もあり、団体で立ち寄りもあるそうで、
この日も平日の開店前に取材を始めた朝10時には既に10人以上が入浴中の状況。
お昼には食事処も満員という盛況ぶりだ。

IMG_20160215_085613.jpg

子生れ石
IMG_20160215_111727 (1)
大興寺は今から600年以上前に開山、
初代住職の大徹和尚は鉱石に関して大変な学識を持つ名僧だった。
大往生の際「身代りに裏山より石が生れ出るであろう」と予言し、
IMG_20160215_111318 (1)
その直後
予言通りまゆ型の石が落下。
以降代々の住職も石の落下を予言し
現在まで29代続いている。
IMG_20160215_110038 (1)
石は約80㎝前後、まるで
子どもが生まれ出るように抜け落ちるため、
『子生れ石』と名付けられ信仰を集める。
IMG_20160215_111334.jpg
科学では説明のつかない不思議な現象である。 

相良油田抗
明治5年に発見された太平洋岸で唯一の石油坑で、
現在昭和25年に開坑した機械堀井戸(相良油田最後の石油坑)の1つが保存されている。
最盛期には産油量が年間721㎘あり、
琥珀色で極めて良質の石油として有名だったという。





掛川市③イチオシ編
通販でも人気!
おいもやショップ(店舗)
IMG_20160215_164059.jpg
静岡県掛川市大渕9641
TEL 0120-38-4738 

【営業】 
月~金 9:00~17:00
土・日・祝 9:00~17:00
IMG_20160215_164108.jpg
老舗のほしいも店平松商店より、インターネット部門として設立。
いろいろな食感の干し芋、モンブランやロールケーキ、アイスなど、
お芋でつくるあまーいスイーツを全国に販売する人気店。
IMG_20160215_164122.jpg
知る人ぞ知るというお店らしく、某テレビ局の撮影も来ていました。
IMG_20160215_164550.jpg
ここから全国に発信しているなんて驚きました。
インターネット時代のなせる業です。
IMG_20160215_190633.jpg


田中商店
静岡県掛川市浜川新田74
TEL: 0537-72-2526

遠州地方は温暖で乾燥していて日照が強く、干しイモづくりには最適な地方。
昔からの干しイモ作りは、自家栽培されたサツマイモ、クイックスイートや泉13号など
様々な種類のサツマイモを使用し、手作業にて作られています。
手作業で袋詰めをするが袋の中でも蜜が出るほど甘い干しイモ。
最近のサツマイモの糖度は半端ない。
自然の甘味のおやつはかなりおすすめ。

ちょっと驚き!国産落花生のお店
まるそう宇田商店
住所 掛川市三俣693
TEL 0537-72-2674
IMG_20160215_160804.jpg
落花生というと真っ先に千葉県と思っていましたが、
なんと遠州産の落花生が特産品。
シンプルに加工され、525円で販売。
(サヤ付き・塩味付き・バタピー・砂糖付き・パウダー状)各種。

料理の基本的調味料「さしすせそ」

遠州横須賀では、日本古来の調味料
 さ(砂糖) し(塩) す(酢) せ(醤油) そ(味噌)の全部が揃います。
それらすべてのものが昔ながらの製法で今も造られており、
自然食品、健康食品として注目を浴びています。
IMG_20160215_160932_201603011535564ad.jpg
写真は「これが沖ちゃん塩」と教えてくださった商工観光課の川添さん。

太平洋岸自転車道
IMG_20160215_161823_20160301154232dcc.jpg
IMG_20160215_161506.jpg

浜松から御前崎を通り静岡まで続く自転車道です。
自動車の心配をせずに走れるコース。
菊川河口に架かる潮騒橋は日本最大の吊床版橋(橋長232m)で、
世界初の多経間連続上路式吊床版橋です。




掛川市の温泉②
大東温泉シートピア
IMG_20160215_161326.jpg
静岡県掛川市国安2808番地の2
TEL:0537-72-1126

ナトリウム・塩化物温泉
温泉/34.6℃
循環ろ過式 加水(源泉1:水3)加温(約41℃)
※成分が濃く上記の割合いで加水。

入館料 大人 510円 小人 250円 幼児 無料
※グラウンドゴルフ場、温水プール込み。
営業 火曜日定休 10時から21時 
洋風大浴場

浴室内は湯けむりがもくもくと。
他の温泉でもこんなに真っ白なのはあんまり見た事がなかったので、
施設管理の方に理由を尋ねてみたら、
海辺で風が強い為、冷えた外気と室内の温度差が激しいからというお答えでした。
浴室は湯けむりで撮影ができないため、既存のお写真を頂くこととし温泉プールへ。
IMG_20160215_151641.jpg

ちょうど人が上がって貸切状態となっていた。
日当たりがよくブルーのタイルが映える。
「もう今日はここでゆったり泳いでから帰りましょう。」
という気分になるが、頑張って取材。
16メートルのプールには温泉が使われているせいか、
なんとなくもったりとした重みがあり、とろみを感じさせる表面。
IMG_20160215_160107.jpg
外観が地中海風の建物、とってもリゾートな高級感がある。
外には風力発電のプロペラが続く、
印象的なのは、一段と青い空。
一帯が日本ではないような、シュールな風景を造りだしている。

掛川市の温泉
平成17年4月1日、新掛川市が誕生した。
平成27年4月1日でちょうど10周年を迎えた。

自然、歴史、文化資源が、農・工・商・サービス産業とバランスよく調和する掛川市。
東京と大阪の中間、また静岡市と浜松市の中間に位置する“まん中都市”である。
新幹線、東海道本線、東名、新東名高速道路、国道1号線などが東西に横断、
全国の新幹線駅で唯一の木造駅舎の掛川駅、
東名掛川IC、新東名森・掛川IC、と、富士山静岡空港へのアクセスもよい。

起伏を活かした形状の茶畑は独特の美しい景観をつくり、
南部の平坦な砂地では、メロン、イチゴ、トマトなど、質の高いフルーツの生産を行う。 

温泉施設は南北に広がり、海の温泉、山の温泉、街中の温泉と多様。
以前は北側の温泉施設を取材したことがあるので、
今回は南側の温泉と、
市のイチオシを取材してきました。

同行いただいたのは、市の商工観光課 川添さんで、
温泉以外に知らなかったスポットへ案内してくださいました。
掛川市役所 商工観光課TEL: 0537-21-1149

まずは、駅の近くから、

掛川つま恋温泉 森林乃湯
IMG_20160215_140133.jpg
静岡県掛川市満水2000
TEL:0537-24-2641

泉質 ナトリウムー塩化物温泉
入館料(消費税・入湯税込,つま恋入園料サービス)
大人(中学生以上)1,030円
小人(小学生) 510円
幼児(小学生未満)無料
回数券 5枚/4,200円、11枚/8,300円
営業時間 平日11時~23時、土日祝10時~(最終22時30分)
IMG_20160215_140156.jpg

丘の斜面に立体的に作られており、
自然を満喫しながら温泉に浸かれる。
温泉は二つのエリアで交代制、どちらも広くて明るい。
気持ち良く思う存分手足を伸ばしてみたくなる。
眺望サウナや池のほとりに突き出した「眺望の湯」では
緑に包まれる感覚で、水面に太陽がキラキラと反射する。
IMG_20160215_140116.jpg

エステ、食事、お買い物、存分に楽しんで。
掛川駅から出る無料送迎バスもあります。
春夏秋冬、それぞれの四季で楽しみも変わり、
リゾート感を味わえるのが最大の魅力となっています。





プロフィール

おんおん

Author:おんおん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。