FC2ブログ
新着情報
温泉協会の新着情報です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本温泉協会総会 ~IN箱根~
6月25日(水) 日本温泉協会の総会が箱根湯元で開催された。
滝会長

総会は2時から、せっかくなので事前にちょっと温泉取材に行くことにした。

今回箱根フリーパスを使用。
箱根鉄道系列の電車、バス、船、ロープウエイに2日間乗り放題で3,900円。
事前にルートを確認するも伊豆箱根系列の乗り物と区別がつかなくて混乱。
普段箱根は車なのでこうした乗り物を駆使した周遊も楽しい。
静岡でもバスって利用したことないけど、これってすごく便利、
わざわざ駅に行かなくても歩いている途中で来たバスに乗れば目的地へ移動できる。
フリーパスなら小銭を探す必要もない。ちょこっと乗りも惜しげなくフル活用した。
箱 湯本
さて、箱根湯本駅からあじさいが見頃の箱根登山鉄道に乗り「姥子温泉」へ向う。  ケーブル

「姥子にもいい温泉があるんですよ。」 実は前日に箱根温泉供給会社の方から初めて聞いた温泉地名だった。
「うばこ?それどこ?」状態であわててネットで検索。
すると難なくマニアックな香りのする日帰り温泉「秀明館」にヒット☆☆☆☆
「自然湧出!すごーい!」温泉好きなら絶対入ってみたいと思うでしょ。
でも木曜定休・・・うーーん。じゃあ初日に行く!
で、朝6時半に出発した。

さっそく最初の乗り換えで不思議体験、コーヒーを買って小田急改札から案内どおり11番ホームから乗りこんだ、が、なぜか今度は電車のドアの反対側が開いて別のホームから学生がいっぱい乗ってきた。発車、電車は反対方向へ。「え、えーー!?」両方から乗り込んでくる電車にびっくり。
午前10時までに現地に着けるように計画したのにトホホ体験で↓
あわてて引き返し挽回。乗り継ぎも時間どおりに到着できたので↑
強羅
強羅駅、あじさいきれい。
ロープウエイに乗ると霧がすごくて360度真っ白。ロープ
うっすら眼下に温泉造成現場が見えてきた。要塞基地みたい。
造成上1

これを写真に取りまくっているのは私だけだった。
姥子駅から
姥子駅に降りたのも私一人だった。
空模様も怪しく少し心細い。
でも好奇心に導かれ10分も歩かない位で「秀明館」入口へ到着。
秀看板
(秀明館 電話 0460-4-0026)
4~11月の営業は10時~17時 入浴のみは15時から 毎月最終木曜日と2月は休業。
秀エントランス
大正時代の外観がいい雰囲気。
中に入るとお香が揺らめいて小さなガラスの受付小窓。
入浴のみ1,800円か「ちょっと高いな」なんて思っていたら、午前中は部屋付4時間滞在の2,300円だけということ。
(1時間位しかいれないけどでもせっかく来たから入っちゃう。)
小部屋の並ぶ廊下を通り9号室に案内された。
部屋の中はポット、テーブル、ビーズクッション、ホットカーペット等がある。
温泉のみ利用者のための休憩所もある。秀休憩1

いよいよ温泉へ、”ここからは撮影禁止”と書かれているのでイメージのみでごめんなさい。

男湯、女湯(自然湧出)家族風呂(別源泉)がある。
浴室に入ると正面に温泉の湧出する岩盤が見える、注連縄が張られ神々しい印象。

高い天井、薄暗い浴室、壁の一部が岩でそこから温泉が出ている。
樋からも大量の温泉が噴出、そこは一つの空間として完成されていた。
浴槽の中は温度別に板で仕切られ、深さは1メートル位。
周りにはすごい量の温泉がそのまま溢れ流れ出ている。

岩盤の下一帯は古くから霊場とされてきた神山の一部の岩間から温泉が湧出していることから、神聖なエリアとして結界が張られている。こわごわ手を出すと2,3度高いかな?
こっちのエリアで顔をつけて目をぱちぱちするといいと帰ってきてから知った。
泉質は単純温泉、ph3.3で眼に良い温泉ということ。

湧出量は降水量に左右されるため、雨季(3月~8月)には3千ℓ/分、冬は枯渇(2月は休業)するし、温度も43~53度の間で変化する。(熱交換で温度を下げているがかなり熱め。)

体も洗えないのでただひたすら「温泉と自分」厳かに入浴する。

部屋に戻り浴衣に着替えて時刻表を確認、湯本までは桃源台からバスで戻るルートに変更した。
少し滞在時間が稼げる。

別源泉の家族風呂も勧められて入ってみた。 秀内風呂2

センス良くまとまった浴室、浴槽の中は備長炭が埋め込まれている。
こちらも単純温泉で43度、ph3.7だった。
建物の周辺も散策できて面白い。秀明売店

こうしてあっという間に2時間が過ぎてしまった。

桃源台からバスで1時間、湯本駅に到着湯本商店街

駅の手前の温泉街入口、たまたま写真には誰も写ってないが買い物をするお客で賑わっていた。
売っているのは梅やかまぼこなどの練り製品とお饅頭が主なもの。
総会会場は駅の目の前の富士屋ホテル。湯本ホテル

大きな川、赤い橋が印象的、お土産通りもすぐ近い。あじあさい橋



受付を済ませて会場に入ると熱海と伊東の軍団が既に到着していた。
今年は台湾温泉協会の御一行が50人も参加していた。団結力が熱い感じだった。
山村講演

式典~議事、講演会と会は進みお腹も空いたところで懇親会となった。
200人を超す参加者で一度もお見かけしなかった方もいた程。

夜は一人おとなしくホテルの大浴場に。今日は温泉三昧だー。
お気に入りは低温サウナだった。
トロンの遠赤外線効果で50度という低温なのに汗が滝のようにでる。

一日に温泉に沢山入ったためか疲れて眠れなくなってしまった。
スポンサーサイト




プロフィール

おんおん

Author:おんおん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。