FC2ブログ
新着情報
温泉協会の新着情報です。
福島編 2日目
2日目 本日も秋晴れ快晴

朝8:30分 大川荘を出発。バスが温泉街から見えなくなるまで手を振ってお見送りいただく。
会津若松の鶴ヶ城を車中から見送り、観光客がまだ誰もいない喜多方蔵の街に到着。
お店も開店前、朝食直後にこの笑顔20071029104415.jpg

気が付けば一行のほとんどが朝ラー中。太いちぢれ麺の醤油味だ。
そしてラーメンのお土産を買い込みあっという間に1時間が過ぎた。

11:00 桧原湖畔に佇む大きなホテル「裏磐梯猫魔温泉ホテル」に到着。
ここでフードファイター達は地鶏の昼食を完食。
お昼前でもルート上ここで昼食タイム。申し訳ない。20071029104537.jpg
昼食会場でホテルの副総支配人の咲間さんから猫魔温泉のお話をいただく。

泉質はナトリウムー塩化物・硫酸塩泉で湧出時は無色透明、空気に触れると茶褐色になるという個性的な温泉。冬はスキー客で賑わう。
あいにく時間が足りず源泉まで見学できずとても残念でしたが浴室の中を見学。
桧原湖を眺める露天風呂は掛け流し、pH6.1、湧出量580ℓ/分。日帰り温泉1200円。

猫魔温泉を後にバスは吾妻磐梯スカイラインを走行。20071029104638.jpg

途中大きな橋ではあまりに美しい景色に目を奪われた。20071029104727.jpg
景色は紅葉あり火山あり変化に富んだ表情。
20071029104816.jpg

14:00 浄土平を下り高湯温泉に到着。
温泉らしい硫黄臭が辺りに漂う。いよいよ最後の視察だ。
高湯温泉観光協会事務局長の永山さんに源泉や施設の案内をいただく。

公営日帰り温泉「あったか湯」駐車場下方に自噴する源泉を見学。
20071029105016.jpg

泉質は硫黄泉、ブルーがかった白濁の湯の色がきれい。
20071029110213.jpg
pH値2.7でなめるとレモンのようにすっぱい。

貸切温泉風呂から裏にある配湯箱を特別に見せていただく。
ここで湯量を調節するのだそうだ。

ここでも時間があまりとれずにゆっくり温泉に入ることができなかったが、何人かはどうしてもと入浴をした。酸性の温泉なのに肌がぴりぴりしなかったという。
20071029104919.jpg

「入浴料は250円、旅館の趣のあるお風呂にはかないませんが清潔感を第一に心がけ、再度、高湯温泉へ来ていただけるようにと考えています。」との永山さんの言葉に私は大きくうなずいた。
食事も入浴もしない我々視察団を気持ちよく受け入れてくださり感動。
必ずまた来ますと心の中で一礼、一路福島県を後に。
20071029105122.jpg
りんご狩りもしたし、これで今年の先進地視察は無事終了。
あとはひたすら高速を走るのみ。(寂+安堵)
20071029105210.jpg

協力、参加いただいた方々、そして東海バスの皆さんに感謝。
20071029105423.jpg
会長も熟睡。

ありがとうございました、お疲れ様でした。
スポンサーサイト







プロフィール

おんおん

Author:おんおん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する