新着情報
温泉協会の新着情報です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉の泉質のお話しを聞いてみませんか?
西伊豆支部 主催 温泉管理講習会

支部からの講習会開催のお知らせです。

今年度は 平野富雄先生をお招きして、
温泉の色や香り特質の基本となる泉質に関連するお話しです。

また西伊豆支部といえば当会支部きっての温泉達人、
桜田温泉 山芳園の吉田支部長が仕切ります。
その他にも地元温泉専門家のアドバイスも聞けるチャンスです。
奮ってご参加ください。

1 日  時    平成27年12月3日(木) 午後3時から

2 場  所    堂ヶ島温泉ホテル
            静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2960
           (電話 0558-52-0275)

3 講演内容    「温泉の成分って変わるんですか?」

  講  師    平野 富雄 先生 
          日本源泉湯宿を守る会 名誉会長
          元神奈川県温泉地学研究所所長

DVC00038.jpg
写真: 沢田公園露天風呂
  西伊豆の温泉紹介
                        静岡県温泉協会西伊豆支部
                        支部長   吉 田 新 司


スポンサーサイト
駒の湯 源泉荘
日帰り温泉 ぬる湯の名湯「駒の湯 源泉荘
IMG_20151104_105348.jpg
静岡県伊豆の国市奈古谷1882-1 
        TEL 055-949-.0309
営業時間:10時~19時(最終受付午後6時)  
泉 質 アルカリ性単純温泉
1号泉 泉温35.5度 湧出量 毎分61.5リットル
3号泉 泉温 38.6度 湧出量 毎分182.3リットル

10年ぐらい前、ちょうど日帰り温泉ブーム到来、課の函南町在住の人から
「自分はこの温泉が一番効くんだ。」と聞き
プライベートで訪れたことがある。

のどかな田園の中にある国民保養地畑毛温泉を抜けて、
ちょっと小高い山に入っていくと竹林がある。
走りながら記憶が蘇ってきた。
そうそう、この雰囲気。
上ったところに木漏れ日がキラキラ反射する手足湯があって、変わってない。
IMG_20151104_105556.jpg
物腰柔らかな源泉荘代表の高橋さんと2月の見学会の打ち合わせ。
当日見学する源泉やお風呂を見せて頂いた。
IMG_20151104_105513.jpg

源泉は道の向う側、巨岩があり(この辺り岩盤が多い硬い地層)
櫓の下の貯湯槽の蓋をあけると、
ボコボコと音を立てて温泉が湧いている。
朝一番には温泉が空まで吹き上がるそうだ。

地区割りが複雑な函南町と伊豆の国市の温泉、
畑毛・奈古谷温泉の中も地区が分かれていて、
こちらは伊豆の国市奈古谷温泉に当たる唯一の日帰り温泉施設。
IMG_20151104_111110.jpg
朝10時~夜は7時まで、45分短時間コース350円、80分500円。
もっとゆっくりしたければ3時間まで800円、5時間まで1000円コースも。
IMG_20151104_110705.jpg
女性風呂は木製のひょうたんの形。
半露天で外は竹林という自然環境がいい。
10時開店とともにやってきた常連さん、服のまま写真を撮っていると話しかけてくれた。

「ここはぬる湯だから、時間があればず~っとお湯に入ったままおしゃべりしてものぼせないし、
出た後しっとりでいいのよ。」

(なんと、最近よく作る鳥ハム料理と同じではないか!
じっくり低温で温めると食材の組織を破壊しないで繊維が柔らかくなる。
これって、人体にも同じなの?細胞に負担なく筋肉がじんわりとほぐれるまさしく、低温料理と同じではないか)
と、ひとしきり納得し、男性風呂へ。
IMG_20151104_111020.jpg
雰囲気がいい露天風呂。
上り湯、薬草湯、打たせ湯と、小さめの浴槽が階段の下り途中に設けられ。
これ作っていても楽しかっただろうなぁと想像する。
IMG_20151104_110914.jpg
2本の専用源泉からは毎分280リットルの温泉を使用、
温度差を設け、半身浴・露天風呂・薬草露天風呂などお好みの温度で楽しんでみて下さい。
函南駅、大場駅からはタクシーで15分ぐらいです。
湯~トピアかんなみ
天然温泉 湯~トピアかんなみ
IMG_20151104_140941.jpg

静岡県田方郡函南町柏谷259番地 
TEL 055-970-0001
休館日:毎火曜日、元旦 
営業時間:10時~21時
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
源泉温度:60℃

「もう帰っちゃうの~?21時までゆっくりしてけばいいのに。」
「いや~もう充分、ありがとね~。」
お客さんとフロントスタッフの何気ない会話がほっこり微笑ましい。

伊豆半島へはいつも電車。
賛助会員さんの温泉取材をコツコツ続けてますが、
ただ、電車やバスがない地域へはなかなか立ち寄れず、
この日「函南町、車」→ 伊豆箱根鉄道に乗るたび気になっていていた「湯~トピア」取材→ 行ける、
で、ようやく実現。こんなに近いのに遠かったなぁ。
IMG_20151104_140830.jpg

挨拶を終え「自由に見学して下さいね。」と
気さくな支配人さんから許可をいただき館内を見学。
「わわわ、広-い」湯量が豊富と一目でわかる大浴場。
IMG_20151104_140811.jpg

聞くところでは、この温泉、近辺には単純泉が多いのだが、
その中でも成分含有量と湯量が飛びぬけて多いと聞く。
IMG_20151104_141102.jpg
一階フロア―は温泉ふんだんな広い内湯と露天風呂
二階は有料の貸切家族風呂。
IMG_20151104_141528.jpg
内風呂の隣には歩行浴プールもあり、60℃の温泉を水を半分入れて使用している。
室内の大きな窓からは富士山が。
IMG_20151104_141505.jpg
(函南町から見る富士は宝永山が重なり横でっぱりのない美しい三角の富士山。)
IMG_20151104_141708.jpg

この規模でこの泉質、おまけに歩行プールも使えて3時間700円(一時間超過ごと200円)、
いやはや町民の方が羨ましいですホント。
最寄駅は伊豆箱根鉄道の伊豆仁田駅又は大場駅、無料の送迎バス
月曜と木曜に出ているのでHPで停留場所を確認してご利用下さい。

最後に休憩室、明るく広く気持ち良く、ついつい長居してしまいそう。
出入口前に地物野菜が売っていて、小松菜など葉物がお安く購入できる。

来年2月18日に当協会主催の温泉管理講習会の見学コースになっています。
会員の方はこぞって御参加お待ちいたしております。



プロフィール

おんおん

Author:おんおん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。