新着情報
温泉協会の新着情報です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川根温泉 ふれあいの泉
川根といえばSL、お茶、大井川(最近ではキムタク主演の武士の一文のロケ地になった。)

そして豊富な湯量、良質な泉質で人気の川根温泉「ふれあいの泉」。
川根正面
入口の大きな提灯が目印。

7月21日で11年周年を迎える川根温泉では、
7月18日(土)~20日(月)に11周年の記念イベントを開催する予定。

建物外、むかって左手には源泉塔、足湯、物産店。
右手奥には宿泊棟、露天風呂付きもあること。
あまり知られていないということで超穴場的、後ほど紹介。

【ふれあいの泉】 日帰り温泉
露天3


入口の販売機で利用券を購入。
入館料 大人500円/子供300円
廊下はつるつる。

明るく広い館内には温泉施設の他に温水プール等のバーデゾーンも併設。
プール
泉質を生かした入浴法や、健康増進プログラムの研究もされている。

2階休憩所から大井川に掛かる鉄橋を走る列車を撮影。
 電車
               SL時間
SLの通る時間が掲示されているのでお見逃しなく。
ただし、16時の戻り便はバックで進むSL。
これまたレアなのでお見逃しなく。
露天風呂からもSLがばっちり見える。ということはSLからもばっちりか?
その辺の疑問はさておき、肝心の温泉の紹介。

内湯。温泉の色は薄い茶色で多少濁りあり。  川根内湯 鉄分が岩に付着して赤茶色になっている。
川根露天

【源泉データ】
泉質  ナトリウム塩化物泉。
湧出量 864ℓ/分(自噴 最大湧出量推定2100ℓ/分)
Ph 7.9 源泉温度 49℃
温泉の利用についても日本温泉協会のお墨付き。 日温掲示
 
【放射性炭素同位体検査でわかった川根温泉の神秘】
15,000年~20,000年前の閉じ込められた海水であろうということ。
これはトリチウムの残留の有無でわかるそうだ。
時代としては旧石器時代、ナウマンゾウをおいかけていた時代だ。
今は豊富な温泉でも、いつかなくなってしまうことも充分考えられるということ。
そんな事を想像しながら温泉に入ってみると、また違った味わいがあるに違いない。

【温泉を使った物産】
課長の門馬さんオススメの川根温泉を真空蒸発して作った濃縮温泉(ペットボトル)や塩など。
門間さん
温泉で作った石鹸、化粧水、濃縮温泉。 川根グッズ

温泉スタンド 20ℓ/50円(1世帯1日120ℓまで)
温泉スタンド
足湯 無料
(番外編)風呂上りのおやつに抹茶のプリンもお試しあれ。(やわらかめ)抹茶プリン


【露天風呂付コテージ】  ロッジ入口
4~8人まで人数に対応した10棟、その内の5棟になんとも贅沢な露天風呂が付いている。
2階建ての作りで一階には囲炉裏もある。
コテージ囲炉裏
ちょっとした庭に露天風呂。予想外に大きいです。もちろん掛け流し。
ロッジ露天
いつでも源泉に入れるとは魅力的。(ふれあいの泉の利用も可)
露天のない棟でも桧の内風呂が付いている。
ありがたい温泉が湯舟にざばざばと満たされていく。
外ではBBQの施設もある。
気の合う仲間や家族で自然や温泉をじっくり味わって。
料金は4人棟で14700円(1人当たり3675円)から。

静岡県島田市川根笹間渡220
日帰り温泉ふれあいの泉 0547-53-4330
コテージ 0547-53-4110

スポンサーサイト



プロフィール

おんおん

Author:おんおん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。