新着情報
温泉協会の新着情報です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜松の温泉レポート
7月25日(水)梅雨の切れ目の晴天。(♪私は晴れ女♪)
今日は浜北区の新しい温泉施設のプレオープンへ潜入する。
せっかくですから『舘山寺サンストリート浜北あらたまの湯』公共交通機関での強行的スケジュールを組んでみた。
「え?車じゃないの?ほんとに大丈夫?」という浜松市民の声。
しかしながら伊豆半島のバス移動でそうとう鍛えられた私には心配はありがたくも無用だった。

8:14 静岡駅出発
8:50 浜松駅バスターミナルから舘山寺温泉行きのバスに乗車
9:32 舘山寺温泉到着、温泉街をぐるっと一周

こちらはホテル九重専用の高級感漂う足湯。
浜名湖畔を眺めながらゆっったりとまどろむことができる。 20070727165253.jpg

桟橋をわたり浮見堂へ20070727165409.jpg

遠鉄ホテルエンパイヤ近くのダイダラボッチの足湯(無料)で近所のお母さんと一緒に足浴。
泉質チェック。20070727165535.jpg
ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(療養泉)で茶褐色。よく温まり体にいい温泉との評判がクチコミで広がり、冬場でもお年寄りがサイドカー(手押し車)で乗り付け大盛況ということだ。

10:53 舘山寺温泉取材を終了し浜松駅行きのバスに乗車
11:37 浜松駅に到着
11:49 サンストリート浜北行きのバスに乗車(遠鉄バス)
12:27 到着

巨大な複合施設20070727170250.jpg
駐車場も広くディズニーランド並み。

さっそく7月26日にオープンする温泉施設「風と月」へ向う。
内覧会が始まっていた。

深さが違う段差の浴槽の内湯、源泉掛け流し浴槽は露天に。
温泉利用料700円。20070727170413.jpg
家族風呂へ、九州の温泉地名の記された道しるべが。 20070727170557.jpg
貸切の家族風呂は全7棟。
20070727170656.jpg
利用料60分 2,800円、3500円(特別室)楽しめそう。
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

薬石汗蒸房 利用料800円
20070727170755.jpg
岩塩サウナには一面ピンクの岩塩が敷き詰められており、このほかにも4種類の趣向を凝らしたサウナがある。
20070727171228.jpg
休憩所のドリンクバー。各種のミネラルウオーターが取り揃えられ感激。
飲み比べたい。
温泉施設内には他にもカットハウス(1000円)や居酒屋もあり便利。

別棟にある西友とフードコート。
浜松餃子で有名な「石松」も入店。20070727171443.jpg
石松餃子10個575円。あっさりしていて10個ペロリ。

「源泉掛け流し薬石汗蒸房 風と月」
 浜松市浜北区平口2861 電話053-584-6199
 営業時間 午前10時~翌2時

14:08 サンストリート浜北から浜北駅に向う
14:35 なゆた浜北駅に到着
15:00 あらたまの湯行きのバスに乗車
      (浜松バス 無料期間限定)
15:30 日帰り天然温泉 あらたまの湯到着
 20070730101104.jpg
黒柳支配人、松島副支配人から施設のお話を伺いながら館内を取材する。

県立森林公園の借景を効果的に利用し、露天風呂と森林が一体となったようなすがすがしい演出は、森林浴、温泉浴の両方が楽しめリフレッシュできる。
浴室内は天井がとても高く、男女別に「森林の湯」「石庭の湯」と二つのテーマで仕切られ、週代わりで入れ替え。

源泉掛け流しの浴槽が内湯、露天にそれぞれあり表示もわかりやすい。
20070730095351.jpg

入浴料:大人600円 子供300円
温泉スタンド:50L/50円
泉質:ナトリウム-炭酸水素泉 美人の湯ぬるぬるとろみ系。
湧出量:109L/分
温度 :35.5度 ph値8.91

20070730095425.jpg

日帰り天然温泉 あらたまの湯
所在地 浜松市浜北区四大地9-921
電話  053-582-1126
営業時間 午前9時~午後9時(土日午前8時~)
定休日 不定休  詳しくは http://www.aratamanoyu.jp

18:00 あらたまの湯取材を終え浜北駅へ
18:20 浜北駅から遠鉄で浜松駅へ
18:50 浜松駅到着
      最後に浜松駅のきれいに整備されたエキチカを見学。
19:40 静岡へ

こうして丸一日かかった浜松の温泉取材、さぞかし帰りの電車はぐったりかと思いきや、あらたまの湯温泉のパワーのおかげか体は軽く、翌朝もお疲れなし。
浜松の温泉恐るべし!!

スポンサーサイト
国民保養温泉地  畑毛温泉郷
畑毛温泉
昭和37年3月10日に国民保養温泉地の指定を受け、
ぬる湯の名湯として知られている。
大正時代に3本の源泉が掘削され、別荘地として開発された。
現在の3号泉はその中の1本。
畑温泉は旅館5軒、民宿1軒の小規模な温泉地。

伊豆の国市と函南町にまたがるため、温泉場の中央の旅館の中を行政境がとおる。
だから玄関は伊豆の国市お風呂は函南町なんだというお宿も。

函南町 (畑毛エリア)

旅館つるみ
 所在地 函南町畑毛258
 電話  055-978-3375
☆浴室は温度の違う3つの浴槽がある。

高橋別館
 所在地 函南町畑毛244-4
 電話  055-978-3260
 泉質 弱アルカリ単純温泉

富士見館(日帰り入浴可)
 所在地 函南町畑毛226
 電話  055-978-3014
 入浴料 大人350円 子供250円
☆源泉はぬる湯でやさしい温泉。浴槽は温度により3段階

大仙屋
 所在地 伊豆の国市奈古谷655
 電話 0120-056-036
泉質 新大仙湯 ナトリウム硫酸塩泉38~40℃
    韮山湯 アルカリ性単純温泉32~35℃
☆低温入浴のため30分~1時間じっくり入浴する
 異なる泉質の2本の源泉を所有する、広々とした大浴場が自慢の宿。

魚屋
 所在地 伊豆の国市奈古谷669-1
 電話  055-978-6233

伊豆の国市 (奈古谷エリア)

駒の湯源泉荘
 所在地 伊豆の国市奈古谷1882-1
 電話 055-949-0309
 無休 営業時間 9:30~19:00(受付18:00まで)
 泉質 アルカリ性単純温泉
 湧出量 源泉を3本所有、合計280㍑/分。
 

民宿西館
 所在地 伊豆の国市奈古谷669-1
 電話  055-978-3093
   ☆家庭的な雰囲気の宿。






第26回温泉関係功労者表彰式
平成19年7月10日(火)環境省において環境大臣表彰が行われました。

会場の合同庁舎22階 環境省第1会議室の窓から眺める景色。
IMG_0155.jpg
右前方には日比谷公園、国会議事堂も見える。

11:25分 若林環境大臣の登場、ご挨拶。
IMG_0156.jpg

稲葉会長が一番最初に表彰を受けました。
IMG_0157.jpg

受賞者と大臣、環境省の方々との記念撮影。
IMG_0159.jpg

写真 前列左から、稲葉悦一氏(静岡県温泉協会長)、大沼章子氏(愛知県衛生研究所生活科学部環境物理科長)、鏡森定信氏(富山大学医学部長)、若林環境大臣、桜井自然環境局長、川平和美氏(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科運動機能修復学講座機能再建医学教授)、木村郁子氏(富山県環境審議会温泉部門専門員)、坂元隼雄氏(鹿児島県環境技術協会理事長)、

後列 左から猪島鳥獣保護業務室長、奥主総務課長、鈴木生男氏(山形県環境アドバイザー)、長野県温泉協会会長、渡邉計画課長、中野参事官

被表彰者8名の方々おめでとうございました。


H19年度日本温泉協会総会レポート
6月26日(火)日本温泉協会会員総会へ参加した、熱海温泉組合随一のメキシコ通『ハビエル吉田』氏にお願いしたミニレポートをご覧ください。

今年の総会会場は、岐阜県下呂温泉で最も有名な宿の一つ「水明館」。
(写真は宿から眺めた下呂市街地。温泉街としてほどよく近代整備され、足湯、温泉寺、温泉資料館などが点在し、さすがは日本三名湯。お湯もツルツル系で女性が好みそうである。)
107_0763.jpg

この巨大ホテルに全国各地の温泉地から約250名の参加者があり、温泉のホウ素排水問題、温泉法改正、そして総会直前に起こった渋谷の温泉施設ガス爆発事故の対応など、温泉業界をあげて真剣に取り組むことが再確認された。
107_0771.jpg

役員改選では、滝多賀男・日本温泉協会会長㊧と大野英市・日本温泉協会常務副会長㊨の続投(3期目)が満場一意で承認された。。
oono.jpg

温泉を取り巻く諸問題の解決に、この業界のツートップが立ち向かう。
ちなみに滝会長は総会会場「水明館」のオーナーで、大野常務副会長は言わずと知れた我が熱海温泉「ホテル大野屋」オーナーです。

「一肌ぬごう会」熱海支部長の私も、さすがに市内中心部を流れる飛騨川河川敷にある噴泉池(あくまでも池です!県の許可を得るための苦心のアイディア。地元有志が大変苦労して交渉したとか。)では足湯が精一杯。
107_0776.jpg

というのもこの噴泉池、周りに何も囲いがなく、人の行き来が多い昼間は下呂大橋から丸見えなのです。(ただし夜は入浴に成功!!)

翌日は熱海単独で奥飛騨温泉郷視察へ。

新穂高温泉の「新穂高の湯」は、西伊豆の沢田公園にも優るとも劣らない野趣満点の大野天風呂でした。
写真は入浴シーンでのお約束、熱海軍団の藤田氏と八代氏です。(わかるかな?)
108_0811.jpg


環境大臣表彰
おめでとうございます。

 当協会会長の稲葉悦一氏が、20年以上の永きにわたる功績を認められ、第26回温泉関係功労者表彰における環境大臣表彰を受賞することとなりました。
 表彰式は7月10日環境省で行われます。




プロフィール

おんおん

Author:おんおん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。