新着情報
温泉協会の新着情報です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「テルマエ・ロマエ」ロケ地 天城荘
河津 天城荘 ―大滝を眺めながら温泉に入る―

梅雨明け直後、いよいよ夏到来。
本日、取材のため熱海から河津へ向かう電車に乗り換える。
P1070654.jpg
これから1時間15分かぁ・・・でも、
リゾート黒船のひな段席を独占したのでちょっと気分が上がった。
相模湾の大海原、片瀬白田あたりから大きくカーブすると車掌から島々の説明が入る。
P1070653.jpg
ここが伊豆急車窓で大迫力の海のハイライトシーンだ。
簡単な昼食を車内で済ませ河津駅に降りる。
運良く天城荘シャトルに載せてもらえた。
天城荘までは20分程度、ループ橋を過ぎた滝巡りの拠点に位置する。
河津駅から修善寺行の路線バスでも宿の前までこれる。
4月に公開された映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地として、阿部寛さん演じるローマ人が大滝を背景に入浴する温泉が知る人ぞ知る「天城荘」の温泉ということなのだ。
8月発行の会報誌に掲載する取材先を探して偶然知り今回の取材への運びとなった。
ロビー正面には日帰り温泉入浴の受付、阿部寛さん扮するルシウスの立て看板、黄色い桶が。
P1070711.jpg
ルシウスの隣でパチリ。(左 助手のA嬢)
自然の風が心地よくロビーを吹き抜ける。
P1070657.jpg
窓下に広がる森は映画「ノルウエーの森」のロケ地にもなったそう。
「テルマエ・ロマエ」撮影時のお話などを女将に伺ってから、早速内湯のある1階へ案内される。
内湯
P1070665.jpg
伊豆石のターコイズブルーが、無色透明の温泉のゆらめきの下に美しく映える。
P1070666.jpg
露天にある「わすれものの湯」に入り紛失したピアスの発見祈願をする助手のA嬢だが、この使いたは定かでないため要確認だ。
P1070670.jpg
その他にも「子宝の湯」で受胎祈願、踊り子の衣装を着て写真撮影、各所で乗り物酔いなど忙しい助手のA嬢だったが、伊豆の温泉の魅力を知って再訪してくれたら嬉しい。

秘湯 河原の湯
P1070689.jpg
さて、内湯で水着に着替え、いよいよ山を降りて大滝の見える温泉へ。
P1070681.jpg
下りなので「あと少し」の看板も横目に余裕で降りる。
道先案内のトカゲくん
P1070686.jpg 小さなテンみたいな動物も横切る。
やがて真っ白に水しぶきが飛ぶ大滝が目の前に現れ興奮して写真と動画まで撮る。

温泉は5ヶ所、注入付近からはどの浴槽でもプツプツと気泡が上がっている。
水中撮影OKのカメラで撮影。P1070695.jpg

お湯の感じは「さっぱりすっきり」している。
P1070689.jpg
この滝を背景に撮影が行われた露天風呂に入る。
温度は上段が少し熱い。
滝から流れてくる川縁に沿って歩いていくとプールがある。
その上にある五右衛門風呂付近は、昨年の台風のダメージによりまだ再開されていないようだ。
それ以外は懸命の復旧作業により映画公開と同時に復活したそう。
自然災害の多い昨今、全国各地で同じような被害にあって大変な思いをされている同業者の方も多いのではと思うが、こうした復旧についての情報もシェアできたらお互い励みになると思う。
天城荘では、大滝が私有地にあるという大変恵まれた環境に甘んじることなく、県のファルマバレープロジェクト「食」についても掘り下げて更なる充実を図る予定。
P1070712.jpg
意欲的に語る我妻IT営業部長。

野外の温泉でお気に入りの水着で、滝を眺めながらゆっくり温泉に入る。
時間もゆっくり流れ、子供の頃の夏休みを思い出す。
ほんの半日のプチ旅行でも、せかせかした日常をしばし忘れリフレッシュした。
時間に余裕があれば連泊して、ここを拠点に伊豆半島のジオサイト廻りをしてもいい。

大滝温泉 天城荘
(おおだるおんせん あまぎそう)
住所 静岡県賀茂郡河津町梨本359
電話 0558‐35‐7711
 http://www.amagisou.jp/


温泉から出たら散策、お宿から「かに滝」の方に歩くと魅力的なカフェ「肉月」を発見してしまう。
古民家カフェ 肉月
手書きの看板の強烈な吸引力にどうにも逆らえず、
とろろそばを食べた直後にもかかわらず階段を上り始めてた。
「ちょっと見るだけね」肉月

入口はどこから見ても古民家の玄関。
「どうぞ」と若いご夫婦のオーナーに2階の屋根裏部屋カフェに案内されるがまま。
肉月店内
オシャレでいい雰囲気だった。手前でそばを食べたことを激しく後悔する。
冷たいものを頂いた。
P1070721.jpg
いい雰囲気にご満悦で、
屋根裏部屋の暑さにやられぐったりしている「可哀想なA嬢」に気がつかない。
結局出発を1時間遅くして夕暮れ間近、河津行のバスに乗り込むと車内のクーラーで復活。
元気になって天城の森を後にした。

スポンサーサイト
伊豆見高入谷高原温泉
河津の峰温泉大噴湯から車で山の中へ、
15分ほどで見高地区にある小さな温泉施設『伊豆見高入谷高原温泉』に到着した 。

地元の木を使って建てた温泉施設を見学。
H18年にオープン以来リピーターも定着、
リウマチに効果があると遠方から定期的に訪れる方もいるそうだ。
        内湯

温泉は男女別に源泉かけ流しの内風呂が各1づつと休憩所があるだけ。
極力無駄を省いたこじんまりとしたいい雰囲気の浴室内。
                    室内

たしかに周りは山だしなんにもない。


でも、自慢の温泉だけあればそこに人はやってくる。
なんでも温泉業界では知らない人はいない甘露寺先生のお話では、
全国でも三本の指に入るとのこと。

源泉に自信をもっている。   湯船



隣にはコテージを建設中で新たな展開も期待できそう。
帰りには稲取や河津に立ち寄るコースがおすすめ。

  泉質  アルカリ性単純泉 ph9.32
  営業  10時~21時
       木曜定休(季節により変わる)
  
  入浴料 大人500円 子供250円
  
  連絡先 賀茂郡河津町見高2064-13
        0558-32-3556

峰温泉大噴湯
4月11日(金)

「東洋一」と言われた河津町峰の大噴湯を見に行った。
河津町商工会の安藤さんの案内で現地へ。
全体


河津桜の季節は毎日2回公開していた噴き上げだが、
桜の終わった現在は日祝日のみ2回の公開となっているため、
あいにく噴き上げは見ることができなかった。

それでも,
源泉の突き上げる音を間近に聞き、白い蒸気を見るだけでも、
戦車?

●源泉データ  <峰温泉第2号>
 約100度近い温度のお湯が噴き上がる自噴泉。
 泉質:塩化物泉。
 大正15年の掘削時から100度の源泉を地上30メートルまで噴き上げてきた

やぐら下

その迫力は充分伝わってきた。

この噴泉は20数年前までは一般公開されていたがその後途絶えていた。
最近、町が源泉を取得し、平成20年度には公園として周辺整備を行う予定。

ロウアングル

●現在の一般公開
  整備工事着工までの日祝日(祝日が水曜・土曜の場合はお休み)
  ※工事中の公開については確認が必要。
  1日2回 午前9時30分と午後3時
      *各時刻から10分間隔で3回、噴湯時間は約1分程度
  場所は、旅館「玉峰館」の裏手
 伊豆急「河津駅」から徒歩30分 バス5分(峰温泉バス停下車)徒歩1分
 お車の場合は、笹原多目的駐車場のご利用を。


問合せ先
河津町産業振興課 0558-34-1946
河津町観光協会  0558-32-0290




プロフィール

おんおん

Author:おんおん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。