新着情報
温泉協会の新着情報です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼津の温泉   リニューアル
エキチカ温泉・くろしお リニューアルオープン
IMG_20170316_154656.jpg

リニューアルに至った経緯

焼津駅前健康センターは昭和59年9月の開業以来、“黒潮温泉”の愛称で32年間営業を続けてきた。
しかし、近隣には洗練されたスーパー銭湯ができ、また娯楽の多様化に伴い若年層の取り込みが積年の課題となっていた。

改装の狙い
これまで見えていた50代から70代お客様に、お子様・お孫様を誘って来店して頂けるような温泉施設にする。

イメージの刷新―コンセプトは空港のラウンジやブックカフェ

外観からして「これまでとは違うな」と、一目でわかるのですが、館内の進化は更に続き。
まずはメインのお風呂、従来からの黒潮温泉のお風呂に加え、新しく信楽焼の陶板からマイナスイオンが発生。
疲労回復や美肌効果が期待できる「美泡湯」が加わった。
源泉を使用してはいない、が、この細かいアワアワが床から体中を包み込む気持ちよさは格別。
ここで十分に泡を楽しんで毛穴を開いてから黒潮の源泉風呂に入ると、温泉とお湯の違いがよく分かる。
サウナルームも新しく「信楽焼ラジウムサウナ」に。
「ラジウム」というと有名なのは、“玉川温泉”(秋田)の岩盤浴ですが、遠赤外線効果(血液リンパ促進、発汗によるダイエット)・ホルシミス効果(免疫力向上、アンチエイジング効果)が期待され、“効くサウナ・癒しのサウナ”に変身した。

2階が凄い
これまであった食堂や宴会場、畳でゴロンではなく、
惣菜カフェのダイニングで好みの料理を好きな分量いただけるデリスタイルに。
ソファーシートでカフェやスイーツもいただけるし、お子様用のロッククライミングスペースまである。
明るくて広い開放的な空間だ。
ライブラリーコーナーは、“人をダメにする魔法のソファー”として今注目を浴びている『ヨギボー』という不思議なビーズクッションでゴロゴロ。または、親子やカップル・お友達同士が寛げるペアーソファーも広々していていい。
ラウンジルームは、空港のラウンジをイメージ、シックで贅沢な大人の空間を提供。
静かに読書するもよし、PCを持ち込んで仕事するもよし、まだ知られていない今、本当に、本当に、穴場的空間となっている。
深夜のお休みには、女性専用のリクライニングルームも新たに完備。
贅沢なソファーベッドはフルフラット使用可能。
一階には繭の成分を使用するふわふわエステやマッサージ処もあり、
化粧台には、ん、ん、ん?!なんと、あの泣く子も黙るダ●ソ●のドライヤーが。
本のセレクトから小物のまで徹底したこだわりを感じる。


課題は?
そんなこだわりも、600人が来館したプレオープンで、これまでレギュラーだった客層から大ブーイングだったとか。
「新しいコト」を始めると、例外なくこの辺が難しいところ。
時間をかけてゆっくり馴染んでもらえるよう、STAFFの方々は笑顔で対応されており、
どんな人にも同じ様に接する姿はとても印象深かった。 

駅前のメイン通りから2分と好立地、
意外にも20代の男性が来店するということで、まだまだ未知数。
これからどんな風に育てていこうかと手探りでのオープンということ。
駅前なのにコンビニすらないこの焼津市(あしからず筆者は市民です)の新しい顔となり、ぜひ若者のまちへとリードして欲しい。

営業時間/AM10:00~翌AM9:00 23時間営業

料金
①フリータイム制<館内着、タオル、バスタオル付き>
  平日1,380円(税別)、土日祝日 1,480円(税別)
②時間制 1 時間<館内着、タオル、バスタオルはつきません>
  平日600円  、土日祝700円/以降 30分毎150円加算(すべて税別)
 *深夜 AM 1:00以降1,500円(税別)別途必要
③深夜コース AM 1:00〜5:00の入館 2,000円、土日祝2,100円

静岡県焼津市栄町1-13-1 TEL 054-627-7200
2017年3月10日(金)からグランドオープン

スポンサーサイト
創立55周年記念事業 静岡県の温泉地活性化のためのパネルフォーラム
パネルフォーラム
【会  場】  修善寺温泉 新井旅館 

          11:30-12:30 基調講演 NPO法人錬堂塾 杉本錬堂
          13:30-14:45  パネルフォーラム

               
次世代に繋ぐ「訪れたいまちづくり、温泉地づくり」として
『観光』『文化振興』『国際交流』『健康増進』にスポットを当て、
地域の担い手となる若手や専門家のパネリストの方々が紹介する
「現状と課題」や「成功事例」など生の声を聞きます。
  
コーディネーター  NPOサプライズ 代表 飯倉清太
               (地域活性化の伝道師)

パネリスト     伊東温泉旅組理事長 稲葉明久
               (伊東温泉旅組理事長、旅館 陽気館専務理事)

          スルガ銀行 温泉部長 井伊湯種 
               (温泉マニアの変な銀行員 オウンドメディアで情報発信)

          大地讃頌 代表 山本博之
               (イズシカファンクラブ会長 フードツーリズムについて)

          牧之原市地域おこし協力隊 今西花緒利
               (地方活性化のために移住)


【日   時】 2017年2月16日(木)

【見 学 会】10:00-11:15 (会員限定)
       修善寺総合会館ジオリア 〜 ふる里ガイドが説明
       する 修善寺温泉街見学会

【参 加 費】無料

【定  員】100名  申し込み必要

【問 合 せ】静岡県温泉協会事務局 
      TEL :054-221-3281   FAX: 054-221-2342 またはこちらのメッセンジャーからご連絡下さい。
ホテルサンミ倶楽部(万葉倶楽部グループ)
ホテルサンミ倶楽部(万葉倶楽部グループ)
  
  〒413-0023 静岡県熱海市和田浜南町5-8 
           TEL 0557-81-8000

熱海港まで徒歩2分、
オーシャンビューバルコニー付のリゾートホテル。
日帰り温泉は残念ながら不可となっているため、宿泊を検討中の方へ温泉のご紹介。
屋上階、大浴場から、相模湾を見渡す露天風呂が気持ちがいい。
晴れた日は相模湾のオーシャンブルー、絶景。
どうしても日帰り入浴したい方は、目の前の「マリンスパあたみ」へ行こう。
熱海温泉 福島屋旅館
昭和レトロな湯治場の風情が残る木造の温泉宿
    〜 熱海温泉 福島屋旅館 〜

●立ち寄り湯 11:00〜19:00(無休)
       大人400円 小学生200円 乳幼児100円
●宿泊    素泊まり4650円〜二食付き8000円
●泉質    ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 
●源泉温度  65度

創業は明治初期、大正時代に建て替えられましたが、
昭和19年に近隣からの出火で類焼して全焼し、戦後、今の建物が立てられた。
「古き良き時代の熱海」にタイムスリップするような貴重な宿、
ということで、温泉マニアの聖地の一つとも言われている。
 最近のインバウンドによる影響で、『japanese style』を体験したくて、
外国人が個人でやってくることが増えたという。
そんな状況に対応すべくwi-fiも完備されている。

 ここで入浴した人はブログに温泉のことを書き、
それを読んだお客さんが宣伝しなくとも自然にやってくる。
「うちは古くて小さい宿だから、昔はHPもなかった。宣伝はお客さまの口コミ任せでした。
でも、その方が本音の情報が伝わりますし。」
という御主人の松尾さん。
「必要以上に飾らずありのままで良いと思っている。実際よりも良く見えてしまっては
期待を裏切るようで申し訳ない」と。
(いやいや、古さに対してはむしろ期待以上でした)

1月に放映された「ブラタモリ」熱海編の収録シーンで「ホテルニューアカオ」の
大浴場を使った実験があったが、最初は福島屋旅館でタライに湯を張って行ったそう。
 
熱海の温泉の特徴:温泉で石鹸を泡立てることがなぜできないのか?という実験でした。
(石鹸が泡立たないのは温泉が塩分やカルシウムを含む為。)
 浴槽はとてもシンプルだが、壁に施されたタイルは貴重なものだ。
 
*こちらに福島屋さんのタイルが掲載されました。
 「にっぽんのかわいいタイル昭和レトロ・モザイクタイル篇 」
  加藤郁美 著発売日 2016/06/07
  定価 2,376円 (本体価格2,200円)

 熱い湯に入るとシャキッとして気持ちがよい。
 熱海らしい高温の源泉をかけ流しで使用する。
 (温度調節に水を使用。)
 *ほしい方は自家栽培のアロエもお持ち帰り自由です。

福島屋旅館 〒413-0013 静岡県熱海市銀座町14-24 
            TEL 0557-81-2105
南伊豆町 「銀の湯会館」と流れ星
先日お知らせした銀の湯会館の新しい外観
            DSC_0097.jpg

DSC_0098.jpg

それから、

今年で4回目となる南の夜桜を美しく彩る期間限定のイベント 
「夜桜・流れ星」
 DSC_0092.jpg
 ★平成28年3月4日(金)~3月6日(日)に開催しました。
   南伊豆町下賀茂湯の花観光交流館(来宮橋~九条橋付近500m)
   川にLEDのライトを沢山浮かべて幻想的な光景が見どころとなっています。

写真が賀茂支部から届きましたのでアップします。



プロフィール

おんおん

Author:おんおん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。